Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

おしゃべり 生き方

450円のラーメン店、その名は

投稿日:

初詣で食べた450円のラーメンに思うこと。それは「反省」だ。

私は冬至に初詣をする。これは銀行員を辞めて独立しようと決めてからの習慣だ。勤め人時代の私は組織に従順で忠実。協調性を重んじ、自社を選んでくださるお客様が好きで、課せられた目標は当然達成。自分自身の愛社精神も疑うことはなかった。独立などは想像したこともない。

そんな私が独立を決めてからは、既存の決められた習慣がことごとくばかばかしいものに思えてきた。冬至に初詣をするのも、その反抗心のようなものである。

長い間銀行員として培った常識やルールは大変役に立つ。今の私を作ってくれて感謝する気持ちのほうが大きいのだが、その一方では大切なものが見えなくなっていたのも事実である。

初詣の帰りに食べた450円のラーメンは大学生が集うその町の老舗である。かつては夫も先輩に教わり、また後輩に教えたというその店はコロナ禍であっても常連客が途切れなく訪れていた。

煮干醤油ベースに豚骨と鶏がらを合わせた丁寧な出汁、具は脂身の少ないきれいなチャーシュー1切れもやしと、コーン、ネギ。麺は中太のストレートでコシがある。とても美味しかった。これが450円。そう、私がかつて銀行の窓口で受け取っていた振込手数料より安い。

この丁寧なラーメンよりも親切に、正確に一連の振り込みの案内ができていたであろうか。きっとできていなかったはずだと反省した。

さらにこの店の名前が興味深い。その名は「メルシー」

フランス語で、ありがとう。

名前の由来は、当初喫茶店だったこの店に集う大学生が「メルシー」と呼び始めたとか?

その店に来る客もメルシー、お店もメルシー。

なんとも美しい。

「メルシー銀行」と改名する銀行があったら、私の過去の反省を生かしつつ雇っていただきたいと思うのだが・・・。

美味しかった!メルシー♫

-おしゃべり, 生き方


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経新聞読み合わせlive開始

コレをやろうと思った動機を書きますね。 とある金融機関で令和2年度の新入職員さんと、こんな会話をしました。 新人さん「自宅待機中、日経新聞のレポート提出がお仕事でした」 私「一人で日経新聞読めました? …

no image

身銭を切る

私は銀行員時代、お客様と同じ商品を保有していたので、 20本~30本保有していた経験があります。と申し上げたら、尊敬する方より「身銭を切る人こそ、信頼に値する」とお褒めいただきました。 とても嬉しかっ …

映画【ホテル・ルワンダ】

この映画は事実であるから、心して観られよ。 残酷とか、ひどいとか、そんな感情でなく 心が痛い 恥じるような気持ちも混ざる 1994年の日本でのヒット曲「ロマンスの神様」を聴いていたころ ルワンダでは約 …

オールオーガニック生活の夫婦2人分の食費はいかほど?

コロナ禍において、外国との流通などに支障が発生したことを考えると、日本の食料自給率が低いことは、将来食べ物が不足する心配がありますよね。 食べ物が不足した時に、日本の農家さんが倒産していたら、大変です …

no image

「経営理念と私」

銀行員時代から私は経営理念が大好きです(笑 とても大切です。バイブルです。 私たち一職員は、会社の方針に逆らえません。 しかしその方針は、いくつかの要因によってコロコロ変わりますよね。 時代の変化に合 …