Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

おしゃべり アドバイザー(FP、IFA) 生き方

身銭を切る

投稿日:2020年11月30日 更新日:

私は銀行員時代、お客様と同じ商品を保有していたので、

20本~30本保有していた経験があります。と申し上げたら、尊敬する方より「身銭を切る人こそ、信頼に値する」とお褒めいただきました。

とても嬉しかったのですが、実は「身銭を切る」という表現がしっくりこなくて、何に違和感を持っているのか、少々考えてみると・・・・。

気づいたのです。

身銭を切ってる感覚がない!

それでは何なのか?

今一番しっくりくる表現は

「自分に投資」

です。

「投資」は将来の自分を豊にしてくれるもの
「投資」は将来の自分に自信をくれるもの
「投資」は将来の自分を美しくしてくれるもの

そうです。投資とは株式投資のことばかりではないのです。

年齢を重ねると、若さという美を失う代わりに、経験という美が手に入ると信じています。
その経験が、美味しいレストランをたくさん知っているとか、身に着けるものの質が上がったなどということのみでは、物足りないと感じませんか?

自分に投資するお金というのは、自分にのみ使うものでなく、「他人につかう」お金も投資に入ると思うのです。

お金は天下のまわりもの・・・。

そう、思います。

あなたのお金もよい循環によって、あなたに美しさをもたらしてくれるものでありますように・・・。

-おしゃべり, アドバイザー(FP、IFA), 生き方


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【銀行員向け】経済の流れと日経新聞の読み方セミナー@zoom/4月3日(土)7時~8時半

金融機関勤務の方々にとりまして、日経新聞が読めるようになることは 何になるの?私の回答は「たしなみ、でしょう。」 若手職員から「日経新聞読み合わせしたいです!」 お客様から「日経新聞に書いてありました …

no image

信頼できる投資のアドバイザーはどこに?

普段お金の相談は誰に?どこに?と迷う方も多いと思います。 簡単にアドバイザーの種類と強み、弱みを書きますね。 そもそも「押し売り」とか「しつこいセールス」が無いという前提で特徴を書きます。 結論を書い …

no image

銀行を退職し起業しました。

経営理念 あなたとこの社会のしあわせによりそう ********* 2018年4月、会社員を辞めました。 職業歴は 信用金庫8年 信託銀行14年 今後は真の意味で独立第三者としてのアドバイザーとして独 …

no image

芸術との出会いシリーズ00回 アンディ・ウォーホル展

きっかけ 今朝の日経新聞朝刊にアンディー・ウォーホルのことが紹介されていたことがきっかけで、長年美術鑑賞をしてきた感想を書き留めておこうと思いました。 素人の私がこのように図々しくもブログなんぞに書き …

no image

【日経新聞2020年12月16日(金)】円建て終身保険の利率上昇

【販売者へ】 *今から販売する商品については、金利の上昇はメリットですが、既契約顧客へは、解約返戻金の計算がマイナスになるなどのデメリットがあります。 これから契約するお客様も、既契約のお客様へも「契 …