Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

アドバイザー(FP、IFA) 金融行政

iDeCo(個人型確定拠出年金)の節税推しに注意!

投稿日:

単刀直入に書きますと、iDeCoもつみたてNISAも節税目的で加入しないほうがいいです。

理由を簡潔に書きます。

*つみたてNISA
 つみたて期間の20年に到達した時に、今回のコロナショックのような出来事やリーマンショックのような出来事があった場合、資産は一時的にマイナスの可能性があります。そのような時、アドバイザーとしては「継続保有」を案内する可能性が高いです。
となると、非課税の枠を超えた保有となり、資産は課税となります。

*iDeCo(個人型確定拠出年金)
 現在の所得控除、退職金控除が使用できる前提の税制優遇です。
あなたが受け取るのは、3年後ですか?でしたら、変わらない可能性が高いかもしれません。でも正直100%大丈夫とは書けません。
あなたが受け取るのは、10年後?20年後?30年後?だとしたら税制など、まったくわかりません。将来変わらないことを厚労省が約束してくれればいいのですが、そうではありませんよね。

このブログをお読みになって、がっかりしないでください。

私自身の老後の資産形成手段としてiDeCoやつみたてNISAは有効な手段ですし重要です。是非加入を検討していただきたいのは間違いありません。

間違っていけないのは、「目的」です。

節税が目的ではなく、老後の資産形成が「目的」です。

iDeCoやNISAが導入される以前から投資をしている私にとって、節税は「ラッキーなおまけ」でしかありません。

皆様も是非、節税は「あったらラッキー」という感覚でいてみてはいかがでしょう?

ちょっと脱線しますが、心が傷つく時や怒りや悲しみの感情が生まれる理由は「期待を裏切られた時」だと思うのです。

国や制度に期待するのは私自身は不安でしかありません。

大きな組織を動かす力も術も時間もない。

自助努力で老後の資産形成をすることが肝要です。

節税があってもなくても。です。

富裕層でない私たちこそ、老後の資産形成が必要です。

厚生労働省のパンフレットは改定すべきです。

コンサルティングをする立場から申し上げて、不確定な節税推しのコンサルなどありえませんので。

-アドバイザー(FP、IFA), 金融行政


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金融商品販売「重要情報シート」とは

2020年8月5日に公表された、金融審議会 市場ワーキング・グループの報告書において「重要情報シート」が積極的に用いられることが好ましいとされました。 このシートはあくまでも手段であり、各金融機関が自 …

no image

一般NISA、いつ解約する???

私の見方で申し上げれば、「上がったら」です。 それはまだ期間が残っていても?「YES」です。 ーーーーーーーーーーーー 投資の利益が非課税になるNISAには、一般NISAとつみたてNISAがあります。 …

no image

10月23日 日経新聞より

回転売買の規制を明記 金融庁、監督指針を改正へ 日本郵政による保険の不適切販売の発覚は多くの人に衝撃を与えました。 一般の人の衝撃は「信じられない」 金融機関の人は「失敗したか、明日は我が身か?」とい …

【銀行実務2020年10月号】寄稿いたしました。「重要情報シート」について

特別研究金融商品販売「重要情報シート」構想を踏まえた体制整備のポイント  金融機関の現場において、制度上できうる限りのフィデューシャリーであることにこだわり続けた筆者の経験をもとに、「重要情報シート」 …

金融商品販売の監督指針改正

金融庁は令和2年9月25日、「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」(以下、監督指針)の一部改正(案)を公表した。本件は2020年8月に出された「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書―顧客本 …