Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

アドバイザー(FP、IFA) 金融機関職員向け 銀行の有効活用方法

投信ラインナップの良し悪しを判断するポイントとは?

投稿日:

日経新聞【一般利用者のチェックポイントはココ!】

本日の日経新聞に「りそな投信取り扱い7割減」という記事がありました。

種類を減らすことは大賛成ですが、一般利用者さまがこのニュースをどのように捉えれば良いのか?をお伝えいたします。

投信ラインナップは”人気”よりも”優良”を優先しているか?☆

世の中の投信信託は約6000本あります。ネット証券大手では4000本近く網羅しておりますが選ぶのが大変!

一般の金融機関では20本~100本くらいの販売数でしょう。いわば投信のセレクトショップ。
信頼ができるショップかどうか、見極める必要がありそうですね。

優良を優先しているかどうかを見極めるポイントは、

全ての資産クラスでインデックスファンドをラインナップに組み込んでいるか?

でしょう。

簡潔に解説すると、日本株式、外国株式、日本債券(ちょっと微妙ですが)、外国債券、リート。

まとめると、チェックポイントは2点
主要な投資対象はパッシブとアクティブが選べるようになっていれば良い!☆
②アクティブファンドは、人気のみでなく、業界の類似商品と比較して”優良”な商品であるか?

今後の取り組みに期待です♫

記事はコチラ

投資信託比較サイトはコチラ(モーニングスター)

-アドバイザー(FP、IFA), 金融機関職員向け, 銀行の有効活用方法


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ATMの裏技

皆さまは、ATMから千円札を引き出したい時にどのように操作していますか? もしかしたら、引き出し金額を9千円にするとか、複数回分けるとか、はたまたコンビニでジュースを買って細かくするとか? 実は簡単に …

no image

身銭を切る

私は銀行員時代、お客様と同じ商品を保有していたので、 20本~30本保有していた経験があります。と申し上げたら、尊敬する方より「身銭を切る人こそ、信頼に値する」とお褒めいただきました。 とても嬉しかっ …

【近代セールス1月1 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

お客様本位の提案をするために大切なことは3つ ①お客様を知る②商品を知る③お客様にあった商品を提案する今回から②の商品を知る。に入りました。年次の浅い方は学習のヒントに。中堅の方は、軌道修正OR軌道確 …

no image

郵政、1300人追加処分

2021/03/25 日経新聞朝刊の記事より 金融機関職員に伝えたいことがある。 赤信号は渡らないようにしよう。 皆が渡っていても、自分は渡らない。 それでいいのです。 仲間外れは光栄です。 私は渡ら …

no image

【日経新聞2020年12月16日(金)】円建て終身保険の利率上昇

【販売者へ】 *今から販売する商品については、金利の上昇はメリットですが、既契約顧客へは、解約返戻金の計算がマイナスになるなどのデメリットがあります。 これから契約するお客様も、既契約のお客様へも「契 …