Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

セミナー 研修・セミナー 金融機関職員向け

銀行員の顧客フォローのための日経新聞の読み方セミナーのお誘い

投稿日:2021年8月5日 更新日:

銀行員にとっての日経新聞はたしなみです。

と本気でわたくしは思うのです・・・。

だから読んでいるのですが(笑

新聞離れ、理由はメディアの信用が薄いことにあるようですし、それには同意いたします。しかし・・・。

読み方があるのです。

それは

「数字をみる」「時間軸でみる」

です。

いきなり一人で読み始めると、過去のニュースをしっかり記憶していないため、ちょっと難しいかと思います。

私は20年以上銀行員をしていましたが(今は独立しています)顧客フォローで新聞を読んでいる人とそうでない人ではお客様への「一言が違います」

適当な一言のあるあるが「今相場が不安定ですので・・・」

キチンと新聞を読んでいると「アメリカの長期金利が急に下がって市場がびっくりしているのですよね・・・」

お客様にとって、アメリカの長期金利は?な話題な場合が多いし、また、相場変動を理由を知っていて、その後のフォロー内容が大きく変化するわけではありません。なぜならしょせん未来の相場はわからないからです。

しかし、あなたなら、後者と前者、どちらの銀行員に担当して欲しいですか?

やはり情報をしっかり取っている後者のほうと仰る方が多いのではないでしょうか?

同僚や先輩後輩が、お客様とどのような会話をしているのか聞こえてきたり、金融機関のロビーに客として訪れてもあるある発言が聞こえてきたり・・・。

正直なところ、職場で日経新聞を解説してくれる先輩は激減です。

私は銀行に限界を感じて退職しましたが、頑張る銀行員を応援する仕事をしています。理由は皆様の先にいるお客様のため。なんですけどね(笑

金融行政も変化し、良い金融の仕事ができる環境が整ってきました。

是非、毎朝一緒に読みましょう♫

ちなみに信託銀行時代、7年間ほど毎朝読み合わせしてました。もう趣味の域なのですよ。

現在13名の方がご参加です。毎朝常連は5~7名。時々が数名。

北海道から九州まで地域はバラバラです♫

銀行員以外の方もどなたでもどうぞ、FPの方もどうぞ。大学生さんもどうぞ。

ご興味ある方はコチラどうぞ。毎月月初土曜日がスタートです。

今月は8/7(土)です。

-セミナー, 研修・セミナー, 金融機関職員向け


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

投信ラインナップの良し悪しを判断するポイントとは?

日経新聞【一般利用者のチェックポイントはココ!】 本日の日経新聞に「りそな投信取り扱い7割減」という記事がありました。 種類を減らすことは大賛成ですが、一般利用者さまがこのニュースをどのように捉えれば …

日経新聞読み合わせlive開始

コレをやろうと思った動機を書きますね。 とある金融機関で令和2年度の新入職員さんと、こんな会話をしました。 新人さん「自宅待機中、日経新聞のレポート提出がお仕事でした」 私「一人で日経新聞読めました? …

no image

銀行員の横領について

年初から重たい話題ですが 業界で繰り返される不正を「よくあるよね」「本人の問題」 として金融機関本体の薄い当事者意識、また事務手続きがガチガチにルール化され結果としてお客様に不便を強いている現状に一言 …

no image

お客様の呼び方

お客様のパートナーは異性とはかぎりません。 お客様自身が「うちの夫が」とか「旦那が」などと性別を特定する発言があれば良いのですが、そうでなければ性別を特定する言い方でないほうが好ましいでしょう。 40 …

【近代セールス2月15 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~第19回「顧客本位の実現方法ー資産バランスを見る」

Q:分散投資の重要性は理解しているのですが、購入につなげやすいため販売ランキング上位の商品を案内してしまいがちです。どうすれば良い提案ができますか? 優し~く解説しています(o^―^o)ニコ ポイント …