Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

セミナー 研修・セミナー 金融機関職員向け

顧客に今日の相場情報をどのように伝えるか?

投稿日:2021年8月6日 更新日:

毎日変化する市場、それをお客様にどのようにお伝えしたらいいのだろう?

こんなお悩みを抱えている銀行員は多いでしょう。

新聞をしっかり読んでいても、「どのように言葉にしてお客様に伝えるか?」が分かりにくいものです。

毎日の日経新聞読み合わせでは、毎日ちゃぶ台返しのようにひっくり返る相場環境を、私ならこう話す。というトークを交えて実施しています。

日々お客様との接点がある方にはとても有益な朝活動になるはずです。

銀行員のための日経新聞読み合わせセミナー

ご興味のある方はコチラよりご確認ください。

-セミナー, 研修・セミナー, 金融機関職員向け


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「外貨保険の規制強化」について

2021/03/25日経新聞朝刊より 外貨保険の規制強化/生保に「準備金」義務付け/金融庁、顧客保護を徹底 外貨保険に需要はある。しかし販売の仕方が問題だ。記事中にもあるように、規制強化の理由は「顧客 …

no image

お客様の呼び方

お客様のパートナーは異性とはかぎりません。 お客様自身が「うちの夫が」とか「旦那が」などと性別を特定する発言があれば良いのですが、そうでなければ性別を特定する言い方でないほうが好ましいでしょう。 40 …

no image

金融機関勤務の方のお悩み吐き出しどうぞ

銀行を辞めたい価値ある仕事と思えない女性軽視ノルマがつらい勉強の仕方等々何でも結構です。私の考えを聴きたいかたも、ただ事情を知っている人に言いたいだけの場合もどうぞ。

2020年度パートナーズセミナー全8回【資産形成層向け】

【本セミナーの目的】@販売目的ではなく、お金にまつわる本当の知識を得られる場所は皆無に等しいのが現状です。老後の資産形成のために積立NISAやiDeCoが導入されたものの、自分に必要か不要かの判断が正 …

【銀行実務2021年1月号】寄稿いたしました。特別企画2「投信販売の新規制Q&A」

金融庁は2020年9月に監督指針の一部改正(案)を公表した。 お客様本位の業務運営の取り組みを見直す契機としてどのような点が改正されるのかを具体的なQA方式解説した。