Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

アドバイザー(FP、IFA) 金融機関職員向け

為替ヘッジは必要か

投稿日:

本日日経新聞の朝刊に

米債ショック 国内金融への波紋㊦

との記事が掲載されていました。記事によれば、

半年間で8倍となり2,64%まで急上昇した。

とのこと。

金融機関職員の皆様はリスクを低減させたいお客様に対しては為替ヘッジをかけた投資信託を案内してきたと思いますが、為替ヘッジコストは変動はあるものの私は常に2%~3%とお伝えしています。

2020年よりコロナの影響で世界的な金融緩和政策が行われ、金利が低下しましたね。そのおかげで為替ヘッジコストそのものは大バーゲン状態でした。

相場環境は常に変化しており、当たり前が変わります。

経験の浅い金融機関職員は、今のあたり前は今でしかないことを認識できない場合が多いです。その理由は、商品説明、販売説明に偏った研修や勉強をしているからです。

経済の動向は常に俯瞰し、また足元も確認しながら現在の状況はどのような要素が絡み合っているのかを把握したいものです。

金融機関職員の仕事は、相場を予想することではありません。常にお客さまの人生によりそい、お金という手段を有効活用するお手伝いをします。不確実な未来を予想するのは不誠実。わからない未来をどのような対策を講じて迎えるのか、一緒に考えていきましょう。

-アドバイザー(FP、IFA), 金融機関職員向け


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歯磨きをするように日経新聞を読む。

1月からスタートした日経新聞の読み合わせは、3月末で一旦終了します。 なかなか楽しく実施しておりますよ。 私はそもそも日経新聞中毒者です。旅行に行っても日経新聞病気になっても日経新聞休暇中も日経新聞日 …

no image

22年間銀行員としてお客様の人生を見てきて分かったこと。【ライフプランの害】

信用金庫8年、信託銀行14年勤務し、何千人のお客さまを担当し、その人生を見てきましたが、ライフプランの通りに人生を生きている人の方が少数です。 世の中、多様性や個性が大事と言われながら、学校教育でも金 …

no image

顧客に今日の相場情報をどのように伝えるか?

毎日変化する市場、それをお客様にどのようにお伝えしたらいいのだろう? こんなお悩みを抱えている銀行員は多いでしょう。 新聞をしっかり読んでいても、「どのように言葉にしてお客様に伝えるか?」が分かりにく …

no image

投信ラインナップの良し悪しを判断するポイントとは?

日経新聞【一般利用者のチェックポイントはココ!】 本日の日経新聞に「りそな投信取り扱い7割減」という記事がありました。 種類を減らすことは大賛成ですが、一般利用者さまがこのニュースをどのように捉えれば …

no image

銀行員の横領について

年初から重たい話題ですが 業界で繰り返される不正を「よくあるよね」「本人の問題」 として金融機関本体の薄い当事者意識、また事務手続きがガチガチにルール化され結果としてお客様に不便を強いている現状に一言 …