Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

執筆

執筆:銀行実務2020年6月号【特集 コロナ禍での急変で求められる法人・個人対応】

投稿日:2020年6月1日 更新日:

元本割れ発覚時の顧客へのフォローアップについて寄稿いたしました。

 相場の変動は特別なことではありませんが、過去に起こったリーマンショックやチャイナショックなどは他国での出来事の余波でした。今回は世界全体で進行する感染症が原因であり、日本も当事国です。それゆえにお客様のみならず金融機関行職員にとっても不安は大きいものとなっています。

状況における経済状況の激変により下落相場に不安を覚えるお客様をフォローすることに心理的負担を感じる金融機関の担当者は少なくないでしょう。そこで顧客へのフォローアップ対応策につきまして、具体的なお客様事例を挙げて解説しました。

-執筆


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【近代セールス1月1 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

お客様本位の提案をするために大切なことは3つ ①お客様を知る②商品を知る③お客様にあった商品を提案する今回から②の商品を知る。に入りました。年次の浅い方は学習のヒントに。中堅の方は、軌道修正OR軌道確 …

【銀行実務2020年10月号】寄稿いたしました。「重要情報シート」について

特別研究金融商品販売「重要情報シート」構想を踏まえた体制整備のポイント  金融機関の現場において、制度上できうる限りのフィデューシャリーであることにこだわり続けた筆者の経験をもとに、「重要情報シート」 …

【近代セールス2月1 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~第18回「顧客本位の実現方法ー商品を知る③」

Q:投資信託の仕組みや用語についてなかなか理解できません。お客様にわかりやすく説明できるようになりたいのですが、どのように勉強したらいいでしょうか。 優しく解説してます(o^―^o) ポイントは「自分 …

【近代セールス11月15 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

連載全20回中14回目 顧客本位の実現方法ートレーニング(前編)です。 お仕事をする上で、お客様とのコミュニケーションはとても大切ですよね。 時候の挨拶から、キャンペーンのご案内、催し物のご案内など様 …

【近代セールス12月1 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

連載15/20 顧客本位の実現方法ートレーニング(後編) コンサルティング力を強化するには、日々の実践が不可欠です。 しかし、やり方のヒントが無い状態で「お客さま本位でやって」と指示されても、不安があ …