Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

執筆

『近代セールス10月1日号』連載11回目寄稿いたしました。

投稿日:

【顧客本位の実現方法ー①観察】

記事の内容は、お客様を観察するところから始めよう。というものです。

金融機関人としてお客様と接するときの心構えとして、全ての金融機関が掲げているのが「お客様本位の業務運営」です。

私は合併や破綻等々により4つの金融機関で仕事をしてまいりましたが、その経験を経てはっきり申し上げることができることがあります。

それは、金融機関に勤務する人は基本的に悪くない。

しかし、世の中の金融機関が悪いと言われるのはなぜか?

答えは経営にあります。

経営が悪なのです。

私を研修講師としてお呼びいただく金融機関は少数派であり正統派です。なぜなら私は「売り方を教えない」と明言しているからです。

金融機関は物販をしているのではなく、金融という手段を通じてお客様のより豊かな生活の実現をお手伝いしているのです。

本稿は連載11/20回で半分を過ぎたところですが、急に熱く語ってしまいました。

近代セールスさんも、一切運用会社や販売会社に忖度しない私の記事をそのまま載せてくださっています。

セールスに悩む銀行員、窓口等の女性職員、少しでもお力になれれば幸いです。

-執筆


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【銀行実務2020年10月号】寄稿いたしました。「重要情報シート」について

特別研究金融商品販売「重要情報シート」構想を踏まえた体制整備のポイント  金融機関の現場において、制度上できうる限りのフィデューシャリーであることにこだわり続けた筆者の経験をもとに、「重要情報シート」 …

【近代セールス11月1日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

【お客様本位の実現方法】事例2の前編です。 銀行員時代、若手職員から質問が多い事項は「お仕事につなげるにはどのように話しかければいいですか?きっかけは?」です。 これは、初めて会うお客様のみに必要なだ …

【近代セールス3月1日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~第20回「お客様の資産形成を成功させるためには」

Q:資産形成コンサルティングを実践したいのですが、実際には運用への拒絶反応が強くコンサルティングを始められないお客様もいます。どうしたら良いでしょうか? 最終回です。 総まとめとしてやさしく解説してい …

【近代セールス2月1 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~第18回「顧客本位の実現方法ー商品を知る③」

Q:投資信託の仕組みや用語についてなかなか理解できません。お客様にわかりやすく説明できるようになりたいのですが、どのように勉強したらいいでしょうか。 優しく解説してます(o^―^o) ポイントは「自分 …

【近代セールス11月15 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

連載全20回中14回目 顧客本位の実現方法ートレーニング(前編)です。 お仕事をする上で、お客様とのコミュニケーションはとても大切ですよね。 時候の挨拶から、キャンペーンのご案内、催し物のご案内など様 …