Fiduciary Partners

あなたとこの社会の幸せによりそう

執筆 金融行政

【銀行実務2020年10月号】寄稿いたしました。「重要情報シート」について

投稿日:

特別研究
金融商品販売「重要情報シート」構想を踏まえた体制整備のポイント 

金融機関の現場において、制度上できうる限りのフィデューシャリーであることにこだわり続けた筆者の経験をもとに、「重要情報シート」をどのように作成し、運用すれば、お客様、職員、双方にとって有益なものになり得るのかを書かせていただきました。


=内容=

まずは、重要情報シートが現れたからと言って、このシートを用いればよいというものでないことはご承知のとおりです。

もし、十分な議論や構想なく用いた場合、本来の趣旨が達成できないどころか、お客様と現場職員に対し、新たな負荷を強いるものとなってしまうでしょう。

それを回避するためには「顧客本位の業務運営に関する原則」の再認識、深堀が必要です。

重要情報シートの作り方・活用方法や是非盛り込みたい具体的なポイントに触れています。

「顧客からの質問例」について書かせていただいているポイントもお客様の立場から見れば大変重要です。

「分かりやすい情報提供」のために、もっとできること。も書かせていただきました。


私はこのシートが用いられることが望ましいとされた瞬間に2つの気持ちが入り混じりました。一つは「仕方がない」もう一つは「ありえない」。

「重要情報シート案」は、完成品ではありません。会議室で検討されたあくまでも「案」です。
まさに今こそ金融機関人として、本部の立場、現場の立場のプライドを発揮する場面です。

経営者の方にお願いすることは2つ。
*経営理念の徹底
*心理的安全性の確保

有効な議論をするためには、心理的安全性が絶対条件です。それがなければ全てが上滑りになるでしょう。ぜひ、安全な場の提供をお願いいたします。

関連記事

金融商品販売「重要情報シート」とは

-執筆, 金融行政


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『近代セールス10月1日号』連載11回目寄稿いたしました。

【顧客本位の実現方法ー①観察】 記事の内容は、お客様を観察するところから始めよう。というものです。 金融機関人としてお客様と接するときの心構えとして、全ての金融機関が掲げているのが「お客様本位の業務運 …

【近代セールス1月1 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

お客様本位の提案をするために大切なことは3つ ①お客様を知る②商品を知る③お客様にあった商品を提案する今回から②の商品を知る。に入りました。年次の浅い方は学習のヒントに。中堅の方は、軌道修正OR軌道確 …

執筆:銀行実務2020年6月号【特集 コロナ禍での急変で求められる法人・個人対応】

元本割れ発覚時の顧客へのフォローアップについて寄稿いたしました。  相場の変動は特別なことではありませんが、過去に起こったリーマンショックやチャイナショックなどは他国での出来事の余波でした。今回は世界 …

【近代セールス11月1日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

【お客様本位の実現方法】事例2の前編です。 銀行員時代、若手職員から質問が多い事項は「お仕事につなげるにはどのように話しかければいいですか?きっかけは?」です。 これは、初めて会うお客様のみに必要なだ …

【近代セールス12月1 日号】寄稿いたしました。~資産形成コンサルティング連載中~

連載15/20 顧客本位の実現方法ートレーニング(後編) コンサルティング力を強化するには、日々の実践が不可欠です。 しかし、やり方のヒントが無い状態で「お客さま本位でやって」と指示されても、不安があ …